証明写真マップ 証明写真機の登録件数16,468件 近くの証明写真

オンライン面接の注意点

オンライン面接

新型コロナウイルスによって働き方が大きく変わってきましたが、それに伴って採用面接をオンラインで行う企業が増えてきました。 ただでさえ緊張するのに慣れないオンライン面接、どのような点を注意すればよいかをまとめています。

スポンサーリンク

事前準備

スムーズにオンライン面接を進行するには、事前の準備が非常に重要です。
環境を整えて万全の態勢でのぞみましょう。

場所

騒音がなく静かで通信環境が整った場所を選びましょう。
落ち着いて面接できる自宅が好ましいですが、ご家族やペットがいるなどにより自宅で実施するのが難しい場合、個室のレンタルスペースを活用するのがよいでしょう。

レンタルスペースを使う場合、オープンなコワーキングスペースではなく完全個室のスペースを選びます。
面接当日に埋まっていて利用できないということがないように事前に予約しておきましょう。

接続機器(パソコン)

小さな画面では相手の表情が見えづらく、また着信やアプリの通知で中断する恐れがあるため、スマホはなるべく避けてパソコンを準備しましょう。
接続するパソコンは、途中で切れることが無いように十分に充電をしておきましょう。

オンライン会議システム

面接を行うオンライン会議システムは、ほとんどの場合、面接を行う企業が指定します。
ZoomやGoogle Meet、Teamsなどが一般的ですが、使用したことがないマイナーなシステムを指定される可能性もあります。
家族や友人に協力してもらい、面接当日をむかえる前に指定されたオンライン会議システムがお使いのパソコンから問題なく利用できるか試しておきましょう。

背景

自分の後ろに映る背景は、無地の白い壁のみがベストです。
無地の白い壁のスペースがない場合、極力シンプルな背景とし、面接に関係ないものが映りこまないように気を付けましょう。
整頓されていない生活感のある部屋や、私物の趣味のものが映ってしまうと印象を左右する恐れがあります。
いろいろな種類のバーチャル背景を利用できるオンライン会議システムもありますが、予期せぬトラブルで背景が消えてしまう恐れがあるため、あまりおすすめできません。
バーチャル背景を利用する場合、シンプルなものを選び、背景が消えても問題ない場所で行いましょう。

ヘッドセット

できればノイズキャンセリング機能付きのマイクを採用したヘッドセットを利用するのがおすすめです。
面接官の声が聴き取りづらく何度も質問しなおすことを避けられ、面接官にクリアな音声を届けられます。
雑音で聴き取りづらいオンライン会議は、思いのほかストレスが溜まるため、面接に直接関係ない点でマイナスの印象を与えないようにしましょう。

身だしなみの注意点

オンライン面接の場合、面接官に見える部分が限られますが、通常の対面式の面接と同じ心構えでいましょう。

服装

上下ともにスーツが無難です。
見えないと思って下だけラフな服装にしていると、ふと立ち上がった際などに見えてしまい、マイナスの印象を与えます。

髪型

前髪が顔にかからないようにしましょう。ロングヘアの方は束ねてください。

メイク

ナチュラルメイクが基本です。明るい印象を心がけましょう。

面接時の注意点

パソコンの画面を通した会話のため、些細なことが印象を左右します。
しっかりとポイントを押さえて面接に挑みましょう。

視線

画面上の面接官の顔を見てしまいがちですが、そうすると目線が合わず、相手には伏し目がちに映ってしまうことがあります。
パソコンのカメラを見るように意識しましょう。

話し方

意識的にゆっくり、はっきりと、いつもより少し大きめの声で話しましょう。

相づち

音声にタイムラグが生じ、相手の話をさえぎってしまう恐れがあるため、言葉での相づちはなるべく控えます。
見て分かるようにうなずくのがよいでしょう。

カンペ

オンライン面接なので、カンペを上手に活用しても問題ありません。
ただし、メモを下に置くとカンペばかり見ていると気付かれてしまうため、ディスプレイに貼るのがおすすめです。
パソコンのメモを利用すると、画面共有をした際に映ってしまう可能性があるため避け、紙のメモにしたほうがよいでしょう。